医療秘書技能検定 専門学校で取れる資格

医療秘書技能検定

医療事務系の資格が取れる専門学校はたくさんあります。たくさんある専門学校の中でどういう学校を選ぶかの一つの基準になるのは医療秘書技能検定ではないでしょうか。医療秘書技能検定は1級・準1級・2級・3級と4段階あります。試験は年2回6月と11月に行われます。試験の内容は、医療秘書の資質、医療関連法規、医学知識、医療事務に関する問題などが出題されます。

3級は比較的取りやすいものなのですが、1級ともなると全国合格率が1桁となる難関です。どの専門学校でも在校生や卒業生がどんな資格を取得しているか取得率はどうかといったことがパンフレットなどに書かれています。その中で、医療秘書技能検定1級の取得者がいるかどうかは学校選びの基準になります。全国合格率が1桁の難関試験の指導者がいるかどうか、ノウハウがあるかどうかといったヒントになるからです。

キャリアウーマン

1級の出題内容はかなり濃いものになっており、専門学校生が取得するにはかなり困難です。もちろん、取得されたご本人の努力もありますが、それなりの応援体制がなければ結果に結びつきません。そのため、学校の教育体制の一つのヒントになり得ます。またこの試験には成績優秀者の表彰制度があります。成績優秀者を輩出しているかどうかも教育体制を考えるヒントになるでしょう。

歯科衛生士 専門学校で取れる資格

歯科衛生士

歯科衛生士とは、クリニックなどで歯科医師のサポートをする人のことをいいます。単なる助手とは違って、患者の口の中に手を入れてケアすることができます。したがって、国家試験に合格して資格を取得する必要があります。歯科衛生士の国家試験を受験するためには、専門学校や短期大学など厚生労働省と文部科学省が認定する養成機関で必要な知識や技術を身につけなければいけません。国家試験は年に1回実施されており、歯科に関する知識や人体の構造や機能などが出題されます。

歯科衛生士の資格を取得できたら、実際のクリニックなどに就職して働くことができるようになります。口の中で細かい作業を行うので、手先が器用でないと務まりません。また、患者と直接接する職業なので、人当たりの良さやコミュニケーション能力なども求められます。仕事内容としては、歯科医師が診療する際にサポートするアシスタント業務があります。

お金を稼ぐ

それからまだ歯科予防処置を施すのも仕事の1つです。歯科予防処置とは、健康な歯にフッ素を塗布したり、歯石やプラークなどを取り除いて虫歯や歯周病などになりにくくする処置のことをいいます。そして、歯みがきの仕方や生活習慣などをアドバイスする保健指導も仕事になります。